プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑は残酷なことなの。うふっ!

宮崎勤は獄中、雑誌社に向けて何百通もの手紙を送っていたらしい。
で、その内容というのが

死刑を食らった死刑囚は死刑のことでいつ死ぬかという恐怖のため、そのことが頭から離れず反省する時間がない

とか

日本の死刑の方法は絞首刑だが、これは恐怖以外のなにものでもないから薬物注射にしろ

とか

死刑は残酷だ

とか

もういいや、こんな奴のリクエストなんか

あのさ、これをまだ普通の人(という表現もおかしいが、こいつと区別するにはこういう言い方になるしなあ)が言うのならわかる

だが死刑を食らった張本人だぜ?
当事者だぜ

お前が言うなよってかんじぃ。

そもそも反省する時間がないって。
いいんだよそれで。反省なんかいらないんだから。
苦しんで死んでさえくれればいいんだからさ。

まるで「反省してやろうと思ったのに、死刑のせいでできないって」か。
上目線もここまで来ると笑えるぜ。

絞首刑より薬物注射?
てめえがやったことを考えろよ。
絞首刑でも生ぬるいわボケ!

死刑は残酷?
そうだよ、だからやるんだよ♪

まったく、どこまであまえとるんじゃこいつは。
こんな奴を援護する奴がいるんだから、本当にどうしようもないぐらい頭の悪い奴らがいるんだな。

やれ精神がどうとか、障害があるとか。
たしかにそうかもしれんよ。
だけど被害に遭ったのはまだ数年しか生きていない幼女だぜ。
言い方は悪いけど、この間の秋葉原無差別通り魔の加藤智大のほうがまだそう感じる部分があるぜ。
だって加藤智大は男性も女性も、警官も関係なく切りつけてるけど、宮崎勤は幼女。
どう考えても対象を狙ってるじゃねえか。
これが障害、病気のせい?
冗談はよしこさんだぜ(笑)。

以前あるタレントがこんなことをいっていた。
よく酒のせいだとかいうけど、酔っ払いのおっさん、あきらかに人見てからんでるで。
怖そうな兄ちゃんには絶対からまんもんな。
その通りだ。
まだ宮崎勤がヤクザやその手の連中を殺したというのならまだわかる。
だが幼女だぜ。子供だぜ。弱い立場の存在だぜ。
どう考えても「自分でわかって、理解して」やったとしか思えないじゃねえか!

弁護する連中はそのことわかってて弁護してるのか?
ばっかばかしい。
病気のせいにする暇があったら、そこら辺もちゃんと考えろ。

しっかしこいつ、何百通も雑誌社に手紙を送っていたところをみるとそうとう怖かったんだな。
その姿を考えると笑えるな。
でも不思議なのはそんな心境でも、あのネズミ人間に助けてもらわなかったことだ。
まさかネズミ人間は、幼女を殺すときにしか出現しないのか?
なんて都合のいい存在なんだ。

まさに宮崎勤、こいつ自身のようだ。
な~んだ、やっぱネズミ人間って宮崎勤、自分自身のことだったんじゃない。
誤魔化そうと思ってたけど、発想が幼稚すぎて誰も騙せないって(笑)。

「死刑はなにかの間違い」
そうこいつは発言したらしい。

ごめんね、残念なんだけど事実なんだよ。
だってきみ、今死刑になったから。
残酷な死刑のお味はどうだい?

この世では一切反省のなかったおまえだ。
あの世でも反省をするとは思えないし、そのことを遺族の方々も望んではいないだろう。

この世に生まれてきてはいけない命はない。
だけど、生きていちゃいけない命はあるんだよ。

以前ある誘拐殺人事件で、犯人の自供がどうしても欲しいため刑事がとった行動は、説得だった。
どうしても口を割らない犯人。
だが、刑事のこの一言が、犯人に口を割らせた。

あなたなにも死ぬまで、悪い人でいることはないじゃないか

この一言で犯人は、ついに自分がやったと自供。
そして死刑という判決がくだり、犯人はこの世から消えた。
この事件、刑事は当時を振り返りこう発言していた。

彼はなぜ自供したのだろう?
黙っていればわからなかったのかもしれないのに?

これは俺の考えだから違うかもしれないけど、やっぱり彼も死刑になることは免れないと悟っていたのではないだろうか?
だが、どうせ死刑になるのならせめて悪い人ではなく、普通の人として死刑になりたかった。
そう思ったのではないだろうか?
もちろんこれは俺の考えだから間違っているかもしれない。
だけど、もし俺が犯人の立場だとすれば、そう思ったかもしれないと思う。

死刑反対派はやたらとこの反省という言葉を口にする。
だが反省もしない野郎なんてごまんといるし、また反省なんかしたところで被害者が帰ってくるわけじゃない。

だけどもし、加害者が反省をすることで被害者・遺族が少しでも救われるのなら、俺は反省もひとつの道かなとは思う。
そしてこの反省も、生きているうちにやる奴もいれば、死なないとできない奴もいる。
いや、死んでもできない奴は出来ないだろう。
だけどせめて反省する機会をあたえてやる。

死刑判決を受けると怖くて反省どころじゃない
よかったじゃないか。
死刑になって死んで、もう死刑のことは考えなくてもよくなったんだから。
時間はたっぷりある。
地獄で苦しみながら、ゆっくりと反省をするんだな。

「死刑はなにかの間違い」じゃない。
唯一間違っていたとすれば宮崎勤、おまえがこの世に生まれてきたこと。
そして、生き続けていたことだ。

死刑は残酷?
冗談じゃない。
死ぬまで悪い人で居続けるほうが全然残酷じゃねえか。
死刑を受けることにより反省ができた。
この世ではできなかったが、死んでから反省ができる時間を与えられた。

悪い奴で居続けるより、俺は死刑にしてやるほうがよっぽど思いやりがあると思うがね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/70-7d043309

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。