プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーニバルのひよこ

俺が子供の時テレビでみたある映画(たぶんアメリカの映画)のワンシーンでこんなのがあった。

大人の男性が自分が子供の頃の話をはじめる。
子供の頃、カーニバルが大好きでいつも楽しみにしていた。
特に楽しみだったのはひよこのダンスで、ぴょこぴょこと飛び跳ねるひよこがかわいくて、すごく気に入っていた。
ところが不思議だったのはこんな小さいひよこがダンスできることだった。
どうやってダンスさせているんだろう?
そう疑問に思っていたら、ある時その疑問を偶然知る。
ひよこをダンスさせていた男がいないときにひよこがダンスしている場所にいって真実を知った。
なんとそこにはフライパンが置いてあったのだ。
もちろん火にかけて熱くなるフライパンだ。
そのとき男性は、ひよこのダンスは足下が熱くて逃げるためにはねていたのだということを知る。
そう、自分が見てかわいいと思っていたひよこのダンスは生きながら焼かれて地獄のような苦しみを味わっているひよこの死んでゆく姿を笑いながら見ていたということを。

この映画、まだ全然幼いときに一度だけ見ただけなのでストーリーの細かいところは全然覚えていないし、タイトルも出演者もまったく覚えていない。
だが、このひよこのダンスの真実を語った男性のシーンだけは強烈に覚えている。
子供の頃の嫌な思い出、そして笑っていた自分に後悔している男性の姿を。
(映画なので作り話かもしれないし、ひょっとしたら現実にあったことを映画化したのかもしれない)

これってなにかに似ていないだろうか?
各有名ニュースサイトには必ずといっていいほど引用され、ネットでは常識と紹介される。
電車男やブラック会社などの当たり企画が生み出され、書籍はベストセラーになり映画化やテレビ化により知名度がアップ。
どこもかしこも楽しい場所だと紹介される。

そう、2ちゃんねるだ。

なるほど、確かにネット=2ちゃんねるは当然のことはもちろん、大手週刊誌やテレビまでもが取り上げ、なにかあると一方2ちゃんねるではと、まるで2ちゃんねるがすべての意見の集まりのように紹介される。

だが、そこにあるのは数万人を笑わせるために一人をみんなで中傷しまくる最低な空間があることを誰も知ろうとはしない。

そりゃさ、俺だって本当は普通に2ちゃんねる見て笑ってたり、ニコニコ動画で面白いムービー見ていたら幸せだったと思うよ。
電車男やブラック会社を読んで感心したり、モナーのグッズを集めてみたり、2ちゃん語を使えてたりしたら楽しかったと思うぜ。

だがな、生きたままのひよこを焼いている真実を知ったいま、そんなことができるほど俺は最低な奴ではない!

で、こういう話をすると2ちゃんねるにいらっしゃる勝ち組(笑)は、
「おまえだって鳥肉くうだろ」
だの
「どうせ殺して食うんだから生きながら焼いても一緒じゃね」
と、上目線でおしゃってくださる。

あのさ、殺されて食われるのと生きながら焼かれるのは苦痛の違いが全然違うだろうが!

しかもだ、それを笑って見る?

そんなことできるかボケ!

知らないことはしあわせ。
見ぬこと清し。

なにも知らないでいるとなんの悩みも作らないから楽だ。

例えばだ、世の中にはやれ犯罪者にも人権がだの、最近でもあの法務大臣の能無し江田五月(コイツについては後日あらためて叩くので待っててね)が「やはり日本も世界に合わせて死刑の廃止を考えてもいい」などとほざいてやがるが、女子高生コンクリート詰め殺人事件や栃木リンチ殺人事件、山口母子殺人事件に名古屋アベック殺人事件などの事件の真実を知ったら「死刑廃止!加害者にも人権を!」なんてどんな理由があっても言えない。

なぜなら真実を知ってしまったから。

それと同じさ。
真実を一度でも知ってしまったらもう忘れることはできないのさ。

正直に言おう。
俺も昔は2ちゃんねるが楽しい場所だと思っていた。
モナーをはじめとするAAをみては「よくできてるなあ」と感心したり、ニュース速報で情報を集め、ゲームや映画など趣味に関しても2ちゃんねるを使っていた。

だがひよこが生きたまま焼かれていることを笑って見ているという真実を知ったいま、とてもじゃないが笑うことなんてできるもんか!

残念ながらまだまだ真実を知らない人は多い。
だが真実を知った、知ってしまったからには2ちゃんねるで笑うことはもう絶対ないし、そしてあってはならない。

2ちゃんねるを楽しい場だと思っている真実に目を背けている野郎へ。

生きたままひよこを焼いて苦しんで死んでゆく姿を笑って見ているのは、そんなに楽しいことなのか。
答えてみろよ。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/375-c41fc724

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。