プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あだ討ちの条件?

去年の11/23に起こった元厚生次官ら連続殺傷事件の裁判が先月の3/30に行われた。

「被告を死刑に処する」
主文を読み上げる裁判長はそう判決を言い渡した。
その死刑の理由として「愛犬のあだ討ち」という理解しがたい動機とのことだが、

ちょっと待て!
それはおかしくないか?

実はこの事件、発生したときから俺はどう扱っていいか悩んでいた。
この被告はこの元厚生次官が自分の愛犬を殺害したとの理由で元厚生次官夫婦を殺害に及んだ。
とのことで、実は詳しいことはわからず(警察の怠慢でわかってないだけかもしれんけど)被告が一方的に思っているだけかもしれないなど、外野の人間がとやかくいえるほどの情報がない事件なのだが、「愛犬のあだ討ち」が理解できないというのはおかしくないか?

もしこの元厚生次官がなんらかの理由(直接ではなく間接的にも)で被告の愛犬の殺害に関与しているのなら、俺はこの被告がやったことは理解出来るし思いっきり支持する。
というより、もし俺が同じ立場なら同じことをしたと断言してもいいぐらいだ。

そもそもこの裁判の主文にはすさまじい矛盾が生じる。
なぜなら「愛犬のあだ討ち」という理解しがたい動機というからには、同じあだ討ちでも理解できるものがあるよと言っているわけだから。
では理解できるあだ討ちとはなんなのだろう?
自分の妻や子供を殺されたこと?
愛するものを奪われたら理解できる動機ってことなのか?

だったら愛犬の殺害も理解できる動機になるんじゃないのか!

もしこれが通らないのなら俺が今夢みる松原潤壮絶虐殺計画も実行すれば「理解できない動機」になるわけだ。
ふざけんな!って感じだね。

それって「人間が考える人間による人間による考え方じゃん」
犬の殺害は理解できない?
理解できる動機だったらあだ討ちはおっけー。
それこそ勝手な価値観による考え方じゃんか。

法の下ではすべてが平等?
全然平等じゃねえじゃん。

何度もいうけど確かにこの事件にはわからないことが多く、本当に元厚生次官が被告の愛犬を殺害したかどうかなどわかっていない部分も多い。
だから俺はその事件に関する部分には口出しせず、外野らしくおとなしくしてるよ。

だけどこの「愛犬のあだ討ち」が理解出来ないという部分は、どうしても理解できない。
愛するものはたとえそれが人間でも動物でも犬や猫でもかわらないはずだ。
愛するものを奪われた者の気持ちが理解できない?

こんな考え方だからいつまでたっても馬鹿野郎がのさばるんだろうが!
少しは頭を使えよ。

あ~本当に裁判が人間しかできないことが悔やまれる。
犬たちによる裁判ならこの人は無罪だろうし、元厚生次官が(本当に犬を殺害をしていたのなら)有罪で、殺されて当然だったのに。
残念だ。

愛するものを奪われた哀しみ。
俺は充分わかるぜその気持ち。
クソ人間の裁判では有罪になってしまったけど、あなたは愛するものの名誉をまもった立派な人だ。
自分も松原潤を虐殺したときは同じようなことが起こるかもしれないけど、それに臆せず自分の思うこと、正しいことをしようと思う。
愛する犬ちゃんと末長く幸せに暮らされるよう、祈っております。
これだけしかできない自分が悔やまれる。

はやく理解できるあだ討ちができる世の中になればいいのになあ。
スポンサーサイト

コメント

以下のコメントを2010/05/19にbellさんよりいただきました。
基本的にわたしはクソバカ野郎しか呼び捨てにしないので、この事件の被告になってしまっている男性の名前を出したくないのです。
そこで申し訳ないのですが被告になってしまった男性の名前を削除させていただきました。
すいませんが、ご了承くださいね。
あと加藤名人の話ですが、加藤名人に関しては名前を隠すことは逆にこの素晴らしい偉業を隠すことになると考えましたのでそのままにしています。
bellさんのおっしゃる通り、加藤名人に賠償金を請求する地域の住民には殺意を覚えますね。


お久しぶりです。
ご無沙汰しております。スリープデッドさん。

仰るとおりです。
未だに犬・猫を家族とみなさないこの法治国家め。
未だに動物虐待は器物損壊。
来年の動物愛護法改正で是非とも極刑を下してほしいかぎりです。
「この被告になってしまった男性」のやった事は確かに褒められる事ではないですが
殺処分を未だに止めない国に問題あり。
殺す税金を何故生かす方向に使わないのでしょう。
産めよ、増やせよで殺される命。
全てが人間によって決まる命。
家族を殺されたら誰しも復讐心が芽生えます。
犬や猫はペットじゃなく家族なんです。
「この被告になってしまった男性」の実父が持ち込んだと聞きましたが
父親も罰せられるべきです。
先日、加藤名人が野良猫の餌やりで敗訴しましたが
加藤氏は今でも猫に餌をやっております。
猫は「ありがとう」と加藤氏を見上げております。
自費で猫に手術を施し18匹の猫を2匹まで減らしても
更に賠償金を払えと言われてます。
この国の動物の扱いは狂ってます。
野良猫なんて生きてもせいぜい5年ほどです。
この小さな身を置かせてあげる事が
そんなに、邪魔な事なのでしょうか。
「この被告になってしまった男性」がした事はそんなに非道なのでしょうか。

非道なのは、私達が住んでるこの国です。
「この被告になってしまった男性」、控訴しましたね。
「この被告になってしまった男性」を責めるなら自分達を責めるべきですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

りお☆さんの10/06/06のコメントです

以下のコメントをりお☆さんにいただきましたが、「この被告になってしまった男性」の名前のイニシャルが書かれていたため修正させていただきました。
すいません(^_^;)


10/06/06 りお☆
タイトルなし
私も、この人のやったことに芯から「大バカ者め」と思えないんですよね・・

もちろん、元厚生事務次官さんが直接手を下して野良犬野良猫の殺処分を行っていたわけではないのですが、幼い心にも愛犬を殺された、という痛みが刻まれてしまった、これは深い深い心の傷になったと思うんです。もちろん、やったことは許されることではないと思います。
けれど、「理解しがたい動機」でしょうか?私なら、愛猫を殺されたら、仕返しに行きますよ。十分な動機です。

加藤名人にも、心が痛みます。近所だったら絶対に応援に行くのに、と。味方になるのに。

一人で戦うのは精神的にもきついでしょう。なんとかお手伝いしたいと思ってしまいます。

この馬鹿近所軍団は、法を盾に取り、どうしても言うことを聞かない加藤名人が、裁判沙汰になったら、ぐうの音も出ないだろう、となかばいやがらせのようになっていたんじゃないかと思います。加藤さんが困るのを「どうだ!」とばかりに・・天罰が下りますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/278-32ab4fc5

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。