プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エセ人権屋を遮断せよ!第5回「私たちの神様」

 古来から日本をはじめ、世界中では巨大な力を持つものを神としてあがめてきた。
 それは巨大な生物だけではなく、どうしよもない大自然の脅威など、とにかく手に負えないものにたいしてだ。
 古い神話などで、暴れ回る化け物を神としてあがめていたという伝説は数多く残されている。
 有名なところでは、八岐大蛇がそうだし、あのゴジラももともと大戸島という小さな島で、人々から恐れられて神として祭られていたという設定が第一作にはあった(最近はこの設定は大森一樹のせいで消されちゃったけど)。

 巨大な化け物だけではない。
 台風や飢饉などをも神として祭り、人々は恐れていた。

 この巨大な力を神とするその心理はいったいなんなのだろう?
 ひとつは「自分達では手に負えないほどの巨大な力を持つものへの尊敬・あこがれ」であり、そしてもう一つは「恐いから、神様として祭ってゴマをする」というものだろう。

 さてさて、話は変わってわたくしスリープデッドが14歳のときの話。
 学校内の代表である生徒会長の選挙に、こともあろうに学校内での最低最悪のクズが立候補しやがったのだ。
 で、結果は見事当選。
 ま、生徒会長なんて誰がなっても同じだから別にいいのだが、問題なのはこんなクズでも選挙に通った事実だ。
 常識で考えればこんなクズには普通投票なんかしない。
 仮にクズたちの組織票だとしても、クズだけで当選するほどの数の票なんか集まらない。
 ではなぜ当選したのか?

 それ以外の連中が、投票したからさ。
 ではなぜ投票したのか?
 こいつが人気があるから?
 こいつだったらなにかしてくれるとみんなが思ったから?

 いいや違うな。
 絶対に違うな。

 こいつが当選しなかったら、なにをされるかわからないから、みんなびびって投票しやがったのさ。
 好きでもないこいつに、大勢が投票したのさ。

 ちなみに俺はこんなクズに投票してやる義理もなければ、従う気もまったくないので違う奴に入れたというか、確か無記名だったかな?(笑)
 なんにしてもこんなクズに投票なんかしなかった。
 だってさ、誰が投票したか、誰が投票しなかったかなんて、どうせ誰にもわからないんだしさ。

 ところが、みんな誰が投票したのかなんかわからないにも限らず、このクズに投票した。
 当選しなければなにをされるのかわからないから、びびってさ。
 笑わせるじゃないか。
 自分の信念を、そんな簡単なことで曲げられるなんてさ。

 そして時間は過ぎ、俺が10代後半だったある頃。
 とある駅のホームで傘を持って(雨が降ってたから)うろうろして、ベンチがひとつ開いていたので、そのイスに座ろうと傘を先にイスのてっぺんにひっかけた。
 すると傘がすべってイスのてっぺんからすべり落ち、座るところに落ちた。
 バシ~ンという大きな音が聞こえると、その隣に座っていたおじさん(たぶん40代)が「すいません、どきます!」といって、そのイスから離れて違うベンチへと向かった。
 俺はその一瞬のできごとに頭がクエスチョンマークになったが、しばらくして事態がのみこめた。

 このおじさんは俺が「そのイスからどきやがれこの野郎!」ということで傘を叩きつけたと思い、恐ろしくなり他に行ってしまったと。

 そりゃさ、俺は目つきも悪いし、言いたいことは遠慮せずに大声で言うし、なに考えてるのかわからない表情もしたりするよ。
 でも基本的にやさしい風貌で、見ず知らずの人から話しかけられたり、嫌な男から逃げ出したい女性に助けを求められたりして(実話)実際に助けるような性格の持ち主だぞ。
 そんな俺をびびるとは・・・。

 いいや、別に俺だからびびったんじゃないんだ。
 別に誰でもいいんだ。10代の奴ならば。
 10代の奴はなにを考えているのかわからない。
 だから・・・恐いんだろう。

 実は今回は全然違うテーマを考えていたのだけど(基本的に同じようなテーマは続けないように考えている)、未だ世の中にイジメについて「イジメられる方にも原因がある」などと考えている人がいるという内容のメールを読者様から頂いたことにより、考えが変わった。

 この頂いたメールを読み、俺は自分の中にある「弱いものいじめに対する怒り」がさらに大きくなったことを感じとった。
 この頂いたメールの通り、世間ではまだまだ「いじめられるほうも悪い」あるいは「悪いからいじめられて当然」などという考えがまかり通っている。

 第2回の感想(掲載は第3回のとき)に、お酒を飲まれてメールを送って頂いたお父さんのメールを掲載させて頂いたし、その他多くのかたからも同じように「世間ではいじめられるのはいじめられるほうが悪いと思っているものが多い」ということを話されていた。

 常識に、普通に考えればどう考えてもそんな考えはできないはずなのに、どうしてそんな考えが出来るのだろう?

 俺もそれをずっと考えていた。
 どうしてだ? どうして「いじめられる側が悪いと言われなくてはいけないのか」。
 やっとわかったよ。
 わかっちまったよ。

 そう、みんな恐いのさ。
 びびってるのさ。

 もしいじめる野郎に「きみ間違ってるよ」と言って、自分がいじめられる側に回らされるのがさ。
 だからいじめる側を正しいとし、いじめられる側を悪いにするのさ。
 自分がなにをされるのかわからない、恐いからさ。

 古来から神には生け贄を捧げてきた。
 それは子供や若い女性などの、弱いものばかりだ。

 そして今も、弱いものをいじめられる側にすることによっていじめるクズにご機嫌をとることによって生活してやがるのさ。
 自分たちがかわいいからな。

 それはなにも20以下のガキだけじゃない。
 いい年した大人も、びびってやがるのさ。

 この世でなにが一番なさけないのかといえば、この「恐いから言うことをきく、恐いからそいつのことを好きになる」という行動ではないだろうか。
 まったく笑わせるぜ。
 俺たち生を受けたものはな、自分でモノを考え、自分の頭で行動をするはずだ。
 それが「恐いから言うことをきく」なんて、情けなすぎて涙が出るぜ。
 しかもてめえで勝手にびびってるのならまだましも、さらに弱いものをいじめている行為を賛美するなんて、情けない極み以外のなにものでもないぜ。

 みんなみんなびびってやがるのさ。
 自分達がいじめられる側に回るのがさ。

 そしてその情けないびびりがないのは、「いじめられている側」だというこの皮肉。
 強い=いじめる側にこびを売らないのは、いじめられる側なのだから。

 「いじめはいじめられる側が悪い」。
 昔から繰り返し言い聞かされている言葉は、自分がいじめられる側に回りたくないというびびりが生み出した幻の言葉。
 なにもしない俺でさえもびびったおじさん。
 みんなこのおじさんみたいにびびって毎日を送り、「いじめはいじめられる側が悪い」と繰り返し唱えてやがるのさ。

 町を荒らす魔物が、やって参りました。
 人々はその魔物に恐れおののき、その魔物を「神様」と呼び、祭り立てました。
 その「神様」に、人々は尊敬の念を込めて、こう唱えました。
 「いじめはいじめられる側が悪い」
 「いじめはいじめられる側が悪い」
 「いじめはいじめられる側が悪い」
 「いじめはいじめられる側が悪い」
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
 「いじめはいじめられる側が悪い」

 みんなこうやって毎日を恐怖におののき、唱えているんだろうな(笑)。

 今から数年前の、沖縄米兵による少女暴行事件を覚えているだろうか?
 思い出すだけでも腹立たしい話だが、この事件のときに沖縄の米軍基地に対する訴えを言うというイベントがあった。
 その中の女子高生の言葉が、俺にはズシンとのしかかった。

 「もうこれ以上こどもや女性という弱者だけを犠牲者にしないでください!」

 哀しい言葉だ。
 犠牲者を生み出すことでしか平和を保てないなんて絶対におかしい。
 そしてそのおかしいことに対して根本的な問題定義を行わず、弱者を責めることで自己満足に浸る人々。

 「いじめはいじめられる側が悪い」。
 こんな言葉を平気で言える奴は狂ってる。
 まさに魂を売ってしまった亡骸そのものだ。
 亡骸になってひたすら取り憑かれたように「いじめはいじめられる側が悪い」「いじめはいじめられる側が悪い」と唱えていやがるのだろう。

 おびえて己が助かりたいためにいじめる側を神と祭り、同じことしか言えないような亡骸になりたいのなら、勝手にさっさと死んじまえ!
 亡骸のぶんざいで、いじめにも耐え、一生懸命生きているものを罵倒する、おまえはいったい何様だというのだ。
 
2002/09/16 スリープデッド

このメルマガに感想・応援のメールを頂きました。
なお、個人情報などが書き込まれていた場合、こちらで少々修正させて頂きますので、ご了承ください。

【第3回目のメルマガに頂いたメール】------------------------------------
初めまして。

突然、不躾なメールを送りまして申し訳ありません。
「NBE」のコラムの頃から愛読させていただいている
者です。

メールを送らせていただいたのは、メルマガを拝読
しまして、未だ世の中にイジメについて「イジメら
れる方にも原因がある」などと考えている人がいる
らしいと知り、その考えについて、誰もが即座に決
定的な反論をできるとは限らないようだからです。

「イジメられる方にも原因がある」。この考えはど
う考えてもおかしいです。この考えを持っている人
に私は聞きたい。

「では、原因や理由さえあれば、イジメを行っても
許されるのですか?」

イジメがすなわち悪であるならば、原因や理由など
問題ではないはずです。どんな理由があろうと、大
勢でひとりの人間を、自殺に追い込むまでイジメる
ことなど許されない。どんな理由があろうと殺人が
罪であるのと全く同じです。「イジメられる方にも
原因がある」と言うからには「原因があればイジメ
ても構わない」という前提が必要なはず。そうでな
ければ原因を考える意味など全くないからです。

「イジメられる方にも原因がある」と言うからには
「イジメ許容派・擁護派」という旗を掲げるべきで
す。そうでなければ「イジメられる方にも原因があ
る」という言葉は意味を失います。意味のないこと
を言っているつもりがないならば「旗をかかげよ」
と私は言いたい。そして、旗をかかげたからには、
旗を目印に攻められても文句は言えないはずです。

「共産主義」と書いた赤い旗を懐に隠し、警察・公
安との闘争に利用するためだけに「人権」の旗をか
かげるような「ペテン師」のような人間が私は一番
嫌いです。私は「反イジメ・反エセ人権・反イデオ
ロギー」の旗をかかげ、微力ながらメルマガ「エセ
人権屋を遮断せよ!」を応援させていただきたいと
思います。

【こちらからのお返事】******************************************
 今回のコラムにも引用させて頂きましたが、とても胸に迫るご意見です。
 「イジメられる方にも原因がある」。その言葉がいじめられている子供にどれほどつらく、そして大きい痛みを与えるのか。
 それを理解できないクズがとても多いこの現状。
 そしてそれを後押しする一般市民(嫌みを込めて)。

 犯罪被害者もそうですが、世間ではいじめにあった、被害にあった。
 それを被害者側に落ち度があったと思いたいようです。

 そんなにそう思いたいのなら、自分自身が被害者になればいいのに。
 そしてその立場になったときに、「イジメられる方にも原因がある」という言葉が出るかどうか、みものですね。

 なお今回のコラムですが、まだまだこの問題には言い切れない部分がありますので、次の機会(次に発行するメルマガというわけではなく)にでも違った切り口から取り上げたいと思います。

【第4回目のメルマガに頂いたメール】------------------------------------
掲示板の方で、いろいろ書込みしていた時にこちらのページを知りました。
コラムには松原の住所が、書いてあり、とても助かりました。
私は何をしてあげれるか、ずっと考えていましたから・・・
絶対、この事件は何年経っても忘れません。
復讐のように彼には社会復帰できないように広島の地方の会社に写真を送りつけてや
りたい。
私も遠くの住民なのでビラ配りができない事を残念に思っています。
その他に何ができますでしょうか?
こんなに私の心にも悪が出てきたのは松原のせいです。
猫ちゃんが、どんな気持ちだったか・・・
痛かったでしょう・・・
恐かったでしょう・・・
いつも猫ちゃんの顔が浮かびます。
あれから数日経ちますが、私の心は松原への怒りでいっぱいです。
松原や、松原と同じ気持ちでいるあのサイトの奴達にも思い知らせてやる
ように思い罪を与えたり後悔させたい。
その為に、私はどうすればいいんでしょうか?
こんな事を相談して、すみません。
共に、力不足のこの私に協力してください。
長々と失礼いたしました。

下の文章は、他のいろいろな掲示板やメディアに載せた内容です。
どうぞ掲載させてください。

「共に、力不足のこの私に協力してください。
今回の犯人だけでなくても、猫や犬への虐待、虐殺はニュースで最近よく耳にし、そ
の度にどこにもやれない怒りに苦しんでいます。何でそんな事が出来る人がいるのか

私にはニコニコしていても優秀な人でも周りの人達が「そんな事をするのか・・・」
とさえ、人間不信になりそうです。
この事件をきっかけに某有名匿名サイトを知りました。この前、他にもひどい人達が
いるのではないか?と気になってサイトを覘きました。驚く事に「ペット大嫌い」
というコーナーがあり、そこに書かれている内容が目を疑うほどです。
「猫でも殺そっかな・・・」等など。あのコーナーを作っている管理人も含め、掲示
板にカキコしている人達は頭がおかしい!!心が腐っている。そんな事を日常茶飯事
のように言っているから動物虐待、人間までも殺すようになってしまうんです。動物
に虐待する人は人間にだって同じ事をすると思います。だからちゃんと重く裁くべき
だと思います。
そして、様々なサイトを見つていると、私のように怒ってくれている人達がたくさん
いる事を嬉しく思いました。皆さんは正常な素晴らしい人達ですね。
先ほど、このニュースを見た時、犯人の親戚が「ちょっとした冗談が逮捕されるなん
て・・・」とふざけた事を言っていました。私はすぐにでも、そこに行って説教した
い気持ちで一杯でした。「冗談」?猫を殺す事が冗談なのか?そんな環境の中で育っ
た人だから頭がおかしい奴になってしまったんです。親も親戚も命の尊さを教えるべ
きではないのか?こんなに熱く話しても怒っても私には何もできない。野良達を全部
拾って暮らす事もできない。どうすれば良いのか・・・
せめて、そんな事をする人がいなくなるように、ちゃんとした罪の償いをこれからさ
せるべき。もういいかげんに、このような知らせを聞く事に我慢ができません。
あの腐ったサイトのコーナーも警察の方々が動いてなくすべきです。パソコンが普及
している世の中、若い世代の子達に悪い影響を与えます。
本当にショックなので首相にも手紙を書きます。(読んでもらえなくても)日本のこ
れからについて・・・教育について・・・良い大学に行けば素晴らしい人間なのか・
・・親が教える弱いものを守る愛について・・・」

【こちらからのお返事】******************************************
 わたしもクズ松原潤に対してなにをしていいのか、実はかなり悩んでいます。
 しかし忘れてはいけないのは、こんなクズを忘れず、一生糾弾し続けてやることでしょう。
 松原潤のことを忘れず、なにかあったら糾弾してやる。
 もうまともな生活をさせてやらない。
 これだけでも松原潤にとっては相当なプレッシャーでしょう。

 おかしな人々ですが、あそこの連中はもうまともな思考をもっていないので、なにをいっても無駄です。
 そのために我々はこの頭のおかしな連中を絶対に許さない。
 それが第2第3の松原潤を生み出さない抑止力となるでしょうから。

 でもね、本当はこんなことができない人のほうが圧倒的に多いんですよ。
 ところがおかしなクズが一人でも発生すると、おかしくないものでも自然におかしくなってしまう。
 そのためにも「松原潤予備軍」は今のうちに手を打たなくてはいけないのですが、この国ではなにもしようとしない。
 そのためにも松原潤を徹底的にこらしめる必要は大いにあると思います。

【第4回目のメルマガに頂いたメール】------------------------------------
はぁ………なんともやるせない気持ちです。『絶たれた夢』というタイトルと子猫と
いう登場人物からすぐに内容は予測できたわけで,猫好きな私にとっては読むのが怖
くて躊躇ってしまいました…。

読み終わって,やり場のない怒りが涙となり流れ落ちた今,私はとても複雑な気持ち
でいっぱいです。

人間とは本当に不思議なもので,「自分の気に入った」動物と一緒に生活をしたがり
ます。
そう,猫の気紛れな性格がかわいいと思ったり,犬の忠実な性格が好きだったり,綺
麗な色をした熱帯魚が好きだったり,は虫類の触り心地が好きだったり,売ったら相
当価値のありそうなクワガタやカブト虫を可愛がっていたり…。
動物だけじゃなく植物にだって愛情を注ぐ人もいます。
人間というのは本当にさまざまな生き物を愛し,自分の宝物,はたまた生活のパート
ナーにまでしようとするんです。

今回のコラム,デッドさんは涙を流しながら書いたって言ってましたよね。
私も久々に自然に涙が流れました。
…でも,このコラムを見ても泣かない人はたくさんいると思います。
子猫のことを可哀想だと思わない人もたくさんいると思うんです。

敢えて極端な話をします。
私は猫が大好きですが,は虫類とかまるで触れないし昆虫なんて見るのもだめです。
例えばインターネットで昆虫や蛇とかが殺されているのが放映されていても,正直気
持ち悪い…程度にしか思えません。
昆虫や蛇のために涙も流してやれません。

こんな私は冷血でしょうか?。
平気でゴキブリや蚊を潰して生きている私は,子猫を殺した松原と同じ罪人なのでし
ょうか??。

大抵の人は,『そういう問題じゃない』とか『子猫と虫とでは次元が違う』などと思
われるかも知れません。
現に私もどこかで差別してしまっているから虫とかを平気で殺せるんです。

でも,話は戻りますが,本当に人間は不思議なものなんです。
私の知り合いでも,猫なんかより虫の方がよっぽどかわいいと本気で言う人までいる
んですから…。

昆虫を愛する人にとって猫と昆虫は全く同等,魚を愛する人にとって猫と魚は全く同
等,植物を愛する人にとって猫と花は全く同等。
もしくはそれぞれが愛するものの方がもっともっと上だったりするでしょう。
私が,今飼っている猫を当然のごとく家族・人間同等と考えているように。

確かに,松原は許せません。絶対に。
その松原の親の考えも,私には到底理解できません。
しかし,きっとその親子を見ても怒りなんて感じない,という人も中にはいるんだな
…と思うと,とてもやるせない気持ちでいっぱいです。

その反面,上記のように『人の考えは様々だから,しょうがないのかな』と冷静に考
えてしまう自分もいたりして…。
でもそんな事言ってたら,ほとんどの犯罪が『しょうがない』になってしまわない
か,とか。

特に人間以外の動物に関わる犯罪なんてすごく難しいですよね。
一般的に,どの生き物から『可哀想』だと思われるのか。
どの生き物だったら『可哀想』だと思われないのか。
世間的に『罪人』というレッテルを貼られるか否かも,これにかかっていると思うん
です。

長々と書いてしまってすみませんm(>_<)m。
はっきり言って,自分でも何が言いたいのか分かりません。
もしかしたら別に言いたい事なんてなかったのかも知れません。

でも,混乱してたんです。
頭があっつくなってしまって…。
だからどうしたらよいのか分からなくて,只々思うままにメールを打っていました。
ごめんなさい。
読み流して下さって結構です(^^;)。

それじゃ。今度のメルマも楽しみにしてますね。
本職の方も頑張って下さいo(^-^)o。

P.S
私は,デッドさんみたいに自分の意見を貫いてあそこまでみんなにさらけだせる人,
羨ましいです。
……でも,あんまり過剰表現しすぎると…デッドさんがまずいのでは……?…と,最
近ちょっと心配しちゃってます(≧_≦)。…大丈夫ですよね……???(苦笑)。

【こちらからのお返事】******************************************
 ・・・難しい問題です。
 わたしも猫や犬だからこれだけ怒っていますが、もしこれがゴキブリとかだったら怒ってないかもしれません。
 でも、でもやっぱり絶対に許せないですし、刺されないために蚊を潰すのとは根本的に違う部分があると思います。
 それは、楽しみのために生物を殺したかどうかです。
 楽しくてしょうがなく、笑いながら生物を殺せるなんて、もうまともな神経ではありません。
 そんなまともじゃない神経の松原潤と我々とでは根本的に違うと思います。

 ・・・とはいったものの、わたしも正直どう回答を出していいのかわからないです。
 まさに生きるために、生き続けるものの業とでもいいますか・・・。

 さて、わたしのような本音バリバリなものに対するご意見ですが、こんなわたしを羨ましいだなんて照れちゃいますね。
 過剰表現の部分ですが、実はこれでもだいぶ押さえていたりまします(普段はもっとすごいです)。
 ということで、さらに過激になる可能性はまだまだ高いですが(笑)、今のところ大丈夫なので、ご心配ありがとうございます。
 もしなにか起きましたらご報告します(笑)。

 なお本職は、このコラムのために捨てました(おいおい)。

【第4回目のメルマガに頂いたメール】------------------------------------
私も松原潤が逮捕されて、警察も捨てたモンじゃないと、私たち一人一人の行動(上申書・
嘆願書・署名・警視庁への抗議メール等)が大きな力になってお上を動かしたんだと感動を
覚えました!

しかし・・・スリープデッドさんが書いておられるように、松原の親戚のあの「発言」に
は驚きましたね

あの親戚あって、この犯罪者ありき・・・・・って感です

「冗談」で命あるものを虐待して殺す?

「冗談」でなぶり殺しの実況中継を世界中に流す?

松原教頭先生の小学校では、生徒に「冗談」なら何をしてもよいと教えているんでしょう
か?

「冗談」で流した残忍な映像を生徒が見て、「こんなコトしてもいいんだ」なんて真似し
たとしても、それも「冗談」だと済ませるのか?

猫だから、動物だから、飼い主がいない野良だから、何をしても構わない、たかが野良猫
じゃないか!・・・・・あの一家の”価値観”てその程度のものなのだろう

だから、人間殺らなきゃ捕まらない、逮捕されるのはおかしい、なんて「おかしな感覚」
に陥っているのだろう

松原潤が”おかしい”のは、昨日今日のことではなく、育ってきた環境自体が”おかしか
った”んだと、今回の逮捕で思いましたよ

でも・・・松原が逮捕され罰を受けても、「こげんたちゃん」は生き返りません

人間も含めて「命あるもの」は、死んだらもう生き返らないのです

ロボットみたいに「リセットボタン」を押せば元に戻るわけではないのです

最近、信じられない位簡単に人を殺してしまう輩が増えてきたように思います

これも”バーチャルの世界”で、命の重さに対する感覚が、麻痺してしまったように思え
てなりません

ITの普及で生活が大変便利になり、インターネット(携帯メールも含めて)人口も爆発的
に増えましたが、その反面「上手に利用できてない」人もまた増えてきているような気が
します

親も簡単に携帯やパソコンを子どもに買い与えているようですが、これらはあくまで「道
具」なのであり、私たちはそれをうまく「使い」「利用」していかなければいけないんで
す。決してこれらの機械に「利用され」「毒されては」ならない、ということを教えなけ
ればならないと思うのです

【こちらからのお返事】******************************************
 この間ある弁護士の先生の話を聞いていたのですが、本当に親も一緒に教育し直したいことが多いと。
 強盗をしていたクズの親にあったそうですが、「強盗をしてなにが悪い?」ということを平気で言ったそうです。
 今の世の中が最悪の状況になってきたのは、クズに対してなにもせず放置し、そのクズが成長してさらにクズを育てた結果でしょう。
 今回の松原潤をはじめ、クズの始末をこのまませずに放置し続ける限り、第2第3の松原潤は現れ続け、その度に被害者が生まれ続けることでしょう。
 

【第4回目のメルマガに頂いたメール】------------------------------------
「動物虐待をなくすには」の掲示板を拝見して購買しました。バックナンバーを読み再び怒りと涙が..この件は何回色々なところ読んでも怒りのあまり体が「カッ」とします。世の中おかしいです。最近の10代~20代?は動物を可愛がらないようです。先週、鎌倉の海辺でパンを食べていた日焼けした金髪系の若い女の子が鳩を(パンくずが欲しかったのでしょう)異常に嫌がりこっちにくるな!2、3人でと大騒ぎしていました。まるでゴキブリ扱いでした。別に可愛がらなくてもいいけど、何もしてないのに追い払うことはないでしょう。昔から動物嫌いな人はいますが、何かおかしい、と思うです。この世に"自分と仲間以外はいない"ような感じです。他の件も期待しています。がんばってください。

【こちらからのお返事】******************************************
 人間はもともと動物を見てかわいいとか、助けてあげようといった本能が働くようにできているのに、その本能がない者が増えているとは・・・。
 わたしも別に嫌いなものを好きになれとはいいません。
 でもそれならば、せめてそっとしてあげるべきです。
 動物はただ単に人間を友と思ってしたってきてるだけなのだから。

 それにしても金髪系の若い女の子ですが、正直こいつらこそ「どこかに行って欲しい」と思ったのはわたしだけではないでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/26-27aafc46

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。