プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者の強がり

 「小猫を捕まえた」。
 インターネット上で国内を代表する某巨大掲示板(名前を書かないのはわかる人にはわかるだろうし、あえてここで宣伝してやる義理はないからな)に、その書き込みが突然あった。
 その書き込みの主は「ディルレヴァンガー」と名乗り「小猫を虐待する」と宣言。
 すると同時に、次々とそれを応援する書き込みが行われた。
 「耳を切れ!」「尻尾を切れ!」
 次々と目を覆いたくなる書き込みの連続。
 そしてその書き込みの張本人、ディルレヴァンガーは数々の書き込みに応えるように実行し、その実行の一部始終を写真に収め、それをネット上にまるで実況中継さながらにアップした。
 ネット上で表示される小猫の虐待写真。
 それを後押しするかのように書き込まれる応援(もちろん否定もあったが)。
 最後にはその小猫の首を切り落とされた写真がアップされた。

 これはこの間実際に起こった事件だ。
 さすがにそのひどさゆえ警察に捜査を依頼するメールが急増。
 犯人が潜伏していると思われる福岡県警が捜査に乗り出すという自体に発展。
 先日、福岡市東区の無職男(26)は、福岡地検に書類送検された。
 その男は「目立ちたかったので公開したが、これほど反響があると思わなかった。全国のみなさんに申し訳ない」と話しているという。

 目立ちたかった?
 申し訳ない?

 ・・・ふざけんなよてめえ!
 謝ってすむ問題か!!

 虐待された小猫は、痛みと恐怖でどれほどの気持ちだったか、考えたことがあるのか!
 俺はこいつの話を聞いて、自分自身が嫌になった。
 こいつと同じ人間だということがだ。
 「全国のみなさんに申し訳ない」だ?
 捕まったからそう言うだけで、もし捕まってなかったら反省も謝罪もなかっただろうな。
 まったく、強いものには頭を下げるが、弱いものにはなにをしてもいいと思う、弱いものいじめ大好きな奴だぜ。

 最近動物虐待がものすごい勢いで急増している。
 しかもその理由が「ムシャクシャしたから」「なにもかもうまくいかないでイライラしてたから」という、実に自分勝手な理由でだ。
 今回の件も、「目立ちたい」という、くだらない理由でだ。

 我が国日本は、弱いものいじめ大好きな連中がしのぎを削って生きている最低な国民性を持っている。
 学校内のいじめを例にあげるまでもなく、強いものー>弱いものー>さらに弱いものー>さらにさらに弱いものー>以下無限に繰り返される状況が存在している。
 そして自分より弱い人間がいないものは、人間よりも弱い生物、小猫や子犬にぶつかる。
 しかも人間なら犯罪だが、動物なら犯罪にならないという考え方の助けも借りて、なにをしてもいいと思っている。
 今回の件でも書類送検止まりだ。
 なんの罪もない動物にひどい虐待を平然と行う野郎なんかに、存在価値なんかあるか!
 とんでもない重い刑にしても誰も文句言わないぜ!

 ところでこういう話をすると、決まってでるのが「それならお前は牛・豚・鳥といった生物を殺して食べないんだな」という、話をしてくる輩がいる。
 あのね、そういうのはへ理屈って言うんだよ。

 この無職男(26)は生きていても仕方がないクズ野郎だというのは誰にでもわかるが(それより本名と住所が公開されないのがおかしい)、こいつを煽った連中も同罪ではないのか?
 学校内のいじめでもそうじゃないか。
 いじめを行うものは、そいつらだけではなく、周りの煽る連中が必ずいる。
 そしていじめを行う連中はこの煽りの連中の声援に応えるようにいじめを行う。

 今回の件もそうさ。みんなで煽り、このクズ無職男(26)をさらにクズへと変化させた。
 実は今回の問題のページは「ペット大嫌い」と称し、犬・猫といった動物がどれほど嫌いで、そういった虐待を行うかの方法を話し合うというとんでもないページなのだ。
 そう、つまり弱い連中が束になって、さらに弱いものを叩くことによって自己満足に浸るという場所だ。
 自分の弱さを棚に上げ、その弱さを自分より弱いものにしか出せないなんてヘドが出るぜ。

 小猫はどんな思いだったのだろう?
 なんの罪もない自分が、耳を切られ、尻尾を切られ、その苦しむ中、首を切られてしまう。
 こんなことを平気で出来た、無職男(26)。
 お前なんか死んでしまえ!

 なお、この無職男(26)は小猫の首に「わたしは人生の敗北者」といったプラカードをぶら下げていたという。
 弱いものいじめしか出来ないクズは、さらに強いものに叩かれ続ける。
 一生弱いものにしか偉そうに言えないクズ。
 人生の敗北者。
 それはお前さ、無職男(26)。
 一生首から敗北者のプラカードをぶら下げて、強いものに頭を下げるだけの腰抜けなクズな人生を送りやがれ!



書類送検で終わりそうな今回の事件を風化させず、一生まともな生活をおくれないよう、みんなで努力しようぜ!

2002/05/24
スポンサーサイト

コメント

松原を、この世で一番憎んでいます。
このクズが苦しむ為にはアタシは何をすれば良いのかと日々考えています。広島は遠く、気軽に行ける場所でもないし、仕事も忙しい。
そんな中でも、今、松原のクズ及び、その家族が苦しむ為にはアタシは何が出来るだろうと…。 もう数週間で、こげんたの命日が来ます。
まだ生きている松原のクズを、こげんた以上に苦しめたい。
それがアタシの願いです。

アッコさんの言うとおりです。
もう奴は退院してますよね。
皆でお見舞いに行かなくてはなりませんね。
手土産は何にしましょうか。
何が喜ばれるでしょうか。

楽しみにして待っててね。松原潤。
必ず行くからね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/21-b68de487

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。