プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の涙

 今時代は狂牛病である。
 と書いてあると、数年後に狂牛病もすっかり忘れ去られた存在になったときに「狂牛病? それってなぁにぃ~?」という人も現れるかもしれないけど、とにかく今は右も左も狂牛病の大騒ぎなんである。
 そのため牛肉の消費量が激減。
 牛肉が売れないといって食品関係は大変な大打撃を受け、名門といわれ続けた焼き肉屋に至っては倒産にまで陥る始末。
 昨日まで「やっぱりぃ、肉は和牛でうんたらかんたら」と言ってたくせに、狂牛病の牛が発見された途端手のひらを返したかのように、「だってぇ、今は牛肉あぶないしぃ」となるんだから、まったくいい加減だよねえ。

 まあそのお陰でこちらは安くなった牛肉を食えるんだけどもさ(笑)。

 この狂牛病問題、最初イギリスで見つかったときになんらかの対策をしておくべきだったといわれているけど、薬害エイズ問題を例にするまでもなく、わたくしが住む国「日本」というところはとにかくなにか起こるまではなにもしないお国柄なので、どうせいつものことだと思ってしまう自分が我ながら情けないね。

 牛肉が売れないと嘆く食品業者。
 客が入らないため倒産寸前の焼き肉屋。

 そんな大変な時期だというのに、さらに追い討ちをかけたのが、今回の雪印(どうせ輸入だろうが国産だろうがマニアでもない限りわからないんだからいいじゃないか、わたしだって寝てないんですよ)による、海外からの輸入したものを国産牛肉と偽って販売したことが明るみに出た件だ。

 なるほど。
 今は狂牛病のために牛肉が売れず、大変な目にあってることだから、こうでもしないと生き残れないんだ、牛乳に菌があったことをもう忘れたぜということなんだろう。

 そのため今やあの名ブランド雪印は倒産するんじゃないかという、自業自得な目にあってるが、まあそんなことは俺に言わせればどうでもいいことだ。
 そんなことは他のところや連日連夜のマスコミによる報道を見ていればいいことで、わざわざ寝る間を惜しんで(俺こそ寝てないんですよだ)この俺が執筆することはない。

 狂牛病は大変で、牛肉が売れなくて販売店が泣いてたり、焼き肉屋が倒産するという事態に陥り、大変な状態だというのはわかる。

 わかるが、どうも当の牛たちに対して、あまりにもひどい仕打ちをしすぎではないだろうか。
 狂牛病の疑いがあるということで、膨大な数の牛肉が焼却処分されたというニュースを聞いて、俺は驚いた。
 だって、だってそうだろ。
 それじゃあ死んでいった牛達は死に損ではないか。

 そんなこと言っても、もし狂牛病になってた(なった)牛肉喰って、死んじまったらどうするんだこの野郎!
 そういう意見を持たれるであろう。
 しかし、しかしそれは殺されてしまった牛にとっては全然関係のないことである。
 喰うために自分を殺した「人間」という生物が、どうなろうか牛にはどうでもいいことだからだ。

 そう、牛は我々が喰うために殺され、牛肉という名前の食物にされてしまう。
 牛を殺すことで我々は牛肉を喰うのだ。

 実はこの「牛は我々のために死んでいる」という部分について、今回の狂牛病騒ぎでまったく触れられていないことに、俺は驚いた。
 まるで牛肉がただのモノとしか見られていないのだ。
 だから簡単に焼却処分が出来るし、雪印のような詐欺も出来る。
 だって牛肉はモノだからだ。

 俺はこのことに哀しい怒りを感じる。
 牛肉に限らず、我々人間は他の生物を殺して自分たちが生きていることに関して、あまりにも無頓着すぎるのではないだろうか?
 そして、そのことについてのありがたさがあまりにもなさすぎる。

 牛は俺達のために死んでくれているのに、まるでモノのように平気で捨てたり、ゴミ扱いをしている。
 平気で牛肉を玩具のようにあつかい、捨て去る野郎までいる。

 狂牛病は牛に発生し、死に至らしめる病だ。
 そして狂牛病に感染した牛肉を喰った人間は、狂牛病となってしまう。

 だけど俺は今回の件で思ったよ。
 実は狂牛病以前に我々人間には狂牛病に負けず劣らずの病気が発生していたことを。

 牛を殺したことによって得られる牛肉をモノとしか思えず、命のありがたみをまったく無視しやがる人間たちに、すでに病気が発生していたことを。

 牛は自分が殺されるときに、必ず涙を流すという。
 それはこれから殺されることの無念さか、それとも自分が牛として生まれたことへの運命を呪ってのことか。
 それは誰にもわからない。

 わからないが、そんな牛達の死んでくれた思いだけは、けっして忘れたくはない。
 そしてそれを忘れたときに、その者は病気に感染したことを意味する。

 狂人病という名の病に。



我々は多くの命を犠牲にした上で成り立っている命だということを忘れすぎている。
地球上から人間だけとなったときは全滅する弱い存在なのに。

2002/01/26
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/19-a711dae8

-

管理人の承認後に表示されます

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。