プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いことより立派なことをする人が目立っていいはずだよね

気づいた人もいるかもしれないけど、最近当ブログでは立派なことをした人を褒めるようなことをよく掲載している。
まあ基本的に松原潤西村博之神作譲という、死んでも誰も悲しまないというより笑いの渦で報復絶倒なゴミばっかり掲載しているのであまり俺に褒められてもうれしくないとは思うけど、まあそういわずに褒めさせてちょうだい。

以前あんまり好きな漫画家じゃないのだけど、その漫画家がこういう話をしたのを聞いた。
「政治家ってかわいそうですよね。悪いことすると叩かれるのは当然としても、いいことをしてもちっとも褒めてもらえない。だからそういういいことをした政治家を褒めるような漫画を描きたいなあ」
俺もまったく同感だ。
確かに悪いことは悪いと徹底的に叩くことは必要だ。
しかしいいことを、役に立つことをしてもちっとも褒めてもらえないのはものすごおく哀しいはずだ。
例えば俺みたいなネットの片隅で吠えているような野郎にもいろいろな意見や感想を送ってくださる。
ほとんどが読んでいて励まされたり力をいただいたりするものなのだが、やはり頭の悪さがにじみでているようなものをもらうことがある。
これももしそういう頭の悪いものばっかだと少し落ち込んでしまうよな。
(といいつつ頭の悪いのも笑いながら見てるのでどんどん送ってくれと思ってはいるけどね)

いいことをしたことより悪いことのほうが目立つ。
これは人間というのは10個のいいことより、1つの悪いことのほうが大きく思ってしまうという心理があるからだろう。
例えばすっごくうまくて安いパン屋さんがあったとする。
そこをすごく気に入ってたんだけど、ある日買った菓子パンの中身がたまたまなかったとする。
するともう今まで何百個と買ったうまいパンのことなんか忘れて、そのたまたま1個(しかもお店はわざとではなく事故でそうなった)の失敗したパンのことだけをを考えてしまうようになるだろ。
寝ても覚めてもなにをしていても、もう毎時間毎分毎秒、その中身のなかった菓子パンへの恨みが頭から離れない。

人間というのはそういう生き物なのさ。
もちろん俺もだけど(笑)

でもさ、そればっかじゃやっぱだめだと思うんだよ。
ゴミ野郎を叩くのも必要だけど、いいことをした役に立つことをした立派な人も大きく褒めてあげる。
憎しみじゃなく心からの笑顔で褒めるのは、死んでも笑いしかでない野郎を叩くのとはまた違ったすがすがしい心を呼び戻せると思うんだ。

というわけでこれからも褒めるにあたいする人を掲載しますね。
願わくば馬鹿野郎よりそういう人ばっかりになる世の中になればいいんだけど。
ま、そういう願いを込めて褒める記事ばっかりになればいいなあと思っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/186-3a64bc79

-

管理人の承認後に表示されます

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。