プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二宮金次郎って、本当に偉いのか?

 とまあ、タイトルだと人の感情をえらく煽ってるように見えちゃってるけど、ちょっと疑問に思ってしまったのよ。
 いやほら、二宮金次郎って偉人として祭り上げられているじゃない。
 残念ながら俺は「巻運びをしながら一所懸命勉強した人」という部分しか知らないのだけど(いや、ほとんどの人も俺と同じ程度の認識のような?)、その行為って本当に偉いのかなあ? っと。
 これってつまり勉強した人は偉い。巻運びをしながら勉強する二宮くんは素晴らしいということなんだよね?
 ということは、普通に巻運びをしている子供は偉くないのか?
 そう疑問に思ってしまったんですよ。

 話かわって数年前、例の少女9年間監禁事件やシャブ漬け警官をかくまったなどの、マヌケ警官の不祥事がクローズアップしたときに、俺が一番驚いたのは「こんなまともじゃない神経の持ち主が警官だなんて、恐ろしいぜ」という部分と、勉強して試験に受かった者だけが出世するキャリア制度のことだった。

 だって素人目に考えて、警官の出世って犯罪者をどれほど検挙したかという部分が重要だと思っちゃうでしょ?
 ところがそうではなく、試験に受かった者だけが出世するということに、まじで仰天した。
 だって警官って、犯罪者逮捕してなんぼの商売でしょ?
 それが試験に受からないと出世しないなんておかしいと思わないですか?

 と、よく考えたらなにも警察組織に限ったことじゃない。
 この国はすべてがそうなってるんだ。

 土に触れたこともない野郎が大臣になったり、知識がない野郎が上司になったり。
 一番必要なのは「今やろうとしていることの知識なのに」、そうではない部分を持ってるものが上に立ち、いばってるこの現状。

 これはすなわち、どんな子よりも一所懸命勉強してる子が一番偉いの、偉いったら偉いのね。ということになるよな?

 そういや警察のキャリアだけど、受かった者に対してはもう腫れ物にでも触るような扱いをしなくてはいけないらしい。
 つまり、危険な任務なんかさせてはいけないし、部下がシャブ打ったりしたことがあっては(バレては)いけない、なんの汚点も付けてはならないと。
 だから警察署でゆっくりくつろがせて危険な目に合わさないようにするし、部下が犯罪をしても見て見ぬふりして隠しちゃうわけだ。

 ・・・まったく呆れ返ってものも言えないぞ。
 いや、これは俺が偉そうに言えるほどの高学歴所持者ではないからひがみだと受け取られたら受け取ればいいけどさ、勉強しかしてない奴ってそんなにすごいか?
 俺は人間的に素晴らしい奴が一番好きだけどね。

 そういや最近就職率がやたらめったら落ちてて学生は前途多難だなんて言われてるけど、そりゃ俺に言わせれば贅沢ばっかほざいてるから自業自得だと思うぞ。
 ずっとみんなが望んでいた理想の就職先は、「あまり働かなくて、収入が多く、名前を聞いただけで誰もが驚く程の大会社」だったわけだ。
 で、その大会社に就職するためには、勉強をして一流高校、一流大学に入ることが先決で、それ意外はなにも問われない。例え人間的に欠陥があってもだ。
 ところが最近はその大会社の倒産や大赤字が浮き彫りになっていて、過去の大会社に入れば一生安泰という神話が崩れてしまっている。

 そんなの当たり前だって。
 世の中を舐めた野郎ばっか大量生産し、そういう野郎ばっかり上に上げ、人間的に素晴らしいものに貧乏クジ引かせて来たんだろ?

 畑を耕すには畑を耕す知識。
 家を建てるのは家を建てる知識。
 コンピュータ触るにはコンピュータの知識。

 そういった専門の知識を持ったものが一番上にいる必要があるのに、わけのわからない成績が優秀だからというなんの根拠もない野郎を信用してきたわけだろ?
 そりゃ今ごろになって大打撃受けるに決まってるって。

 実はこの「勉強して一流大学出たのが一番」というのは、手を抜きたいだけの考え方なんじゃないだろうか?
 あの人は一流立大学を出ているから、きっと素晴らしい活躍をしてくれる。
 あの人は成績優秀だったから素晴らしい。
 そういう風に考えることが出来るからな。
 試験に受かったらOKって、肝心なのは人間性なのに、そういう部分は見ない。
 手を抜いて単なる紙一枚の成績しか認めない。
 しかしそれがどれほど恐怖を呼ぶかは、昨今のわいせつ教師の数を見ても明らかじゃないか?
 わかんないのか!

 二宮金次郎は巻運びをしながら一所懸命勉強し、一流大学を卒業した。
 それはそれで大変な苦労があり、すごいことだとは思う。
 しかしだからといって普通にまじめに巻運びした子供が偉くないなんておかしいぞ。

 少なくとも早く巻運びを終わらせて欲しいと願ったお客さんには二宮金次郎よりも、早く運んできた子のほうが助かったと思うけどね。



余談だけど、俺だったら巻運びしながら自分の好きな本(教科書はまずない)を読みながらしてただろうね(笑)。

2002/01/04
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/17-80f82a7f

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。