プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園は誰のもの?

 最近公園って、行かれてますか?
 実はうちの近所にも公園があるのだけど、全然行こうと思わない。
 というのもこの公園には、我が物顔で居座っている「俺達はすげえだろう」中・高生のグループがいやがるから。
 こいつらはとにかく何を考えているのかわからないうえに、世間では「子供=守るもの」という図式が出来上がっていて、我々大人はなにがあっても非難されるからバカバカしくて関りたくないしね。
 で、こいつらのために本来の公園の目的である、自由に遊べるという目的が全然なくなってしまっている。
 無邪気に走り回る子供。
 照れながら寄り添う恋人達。
 散歩が楽しみのお年寄り。

 そういった誰もが目に浮かぶ公園の姿がなくなってしまっている。
 このグループのために。

 こいつらの目の前を通ると、まるで「俺達に逆らうなよ」と、見下した目つきで人を見やがる。
 そう、この公園は自分たちのものだ。お前達は俺達に逆らえないのだと。

 冗談じゃない!
 公園はみんなのものだ。
 色々な人が自由に遊び、使ってこその公園だ。
 群れることにより、力があると錯覚したお前達のものだと、誰が決めたんだ!

 公園だけではない。コンビニもそうだ。
 別にものを買うわけでもなく、来るお客一人ひとりに「俺達に逆らうなよ」と目で合図して来やがる。
 自分一人では、なにも出来ない野郎のくせに。

 そして今、こういう連中がネットで繁殖している。

 どこどこの掲示板で「こんな奴がいる」と書き込む。
 すると「わあ、こんな痛い奴」がいるのかと、みんなで笑いものにする。
 そしてその人のページにやって来て、掲示板を荒らしまくる。
 こういう連中はこういう。

 痛い野郎は出てゆけ

 と。
 みなさんにお尋ねしたいのだが、北極で全裸になってわけのわからない奇声を発しながら等身大のロリキャラ人形(ペーパームーン?)と添い寝する人と、自分の家に勝手にやって来て「きみ変な奴だね」という野郎のどちらが気持ち悪いだろうか?

 常識で考えれば後者のほうだろう。だって自分が直接関わることのない遠いお国のお方よりもわざわざ家にやって来て理解不能なことを言う奴なら、どう考えてもそう言う奴の方が迷惑だろう。

 ところがどういうわけか、ネットではその「勝手にやって来る」野郎が市民権を得てしまっている。
 なぜならみんな、その彼らが掲示板で上げて喜ぶ痛い野郎を見て笑いたいからだ。

 やれこいつのCGは痛いとか、こいつの文章は妄想の入った痛いものだとか、こいつ不細工なくせに写真のせてやがって痛いとかをネタにしやがる。
 以前「役に立たないホームページばっかりで嫌になる」というのをどこかで読んだ。
 あのさあ、ホームページの何が役に立って、何が役に立たないのか、どう判断するわけ?
 たとえばとあるメーカーのページがそこの製品を使ってる人には役に立つページだろうけど、使ってない人には全然役に立たないページじゃないのか?
 趣味系に関しても、(多少切り口が違うとはいえ)うちのようなヒロインのページはヒロイン好きにはたまらないけど、そうじゃない人にはまったく意味がないページだろう。
 そういうもんじゃないのか?

 あとさ、必ず役に立つ必要もあるのかどうか疑問。
 みんな勘違いしてるけどさ、企業のページを除いてホームページの大部分は個人が趣味で作っているもんだろう?
 その個人が趣味でやってるものに「俺に役に立つようにしてくれ」というのは、なんでわたしが貴方のためにそこまでしなくてはいけないの? そう思いませんか?

 で、先程の「痛い奴」を上げてみんなでバカにすることが大好きな連中の話に戻るけどさ、こいつらが言う「痛い野郎は出てゆけ」というのが理解出来ない。
 お前達のどこにそんな権限があるのかが理解できないからさ。

 痛い野郎のページを見るのは迷惑だ。
 と、おっしゃる。
 なにを言うか。そんなの見たのはあんたらの勝手だろ?
 こっちが頼んで「見てください」じゃなくて、勝手に見てるだけだろ?
 なにを迷惑かけたというの?

 え、そういうものをネットに配信されるのは許せない。
 ネットは有益な情報こそ配信されるべきだって?

 あのさ、それは自分自身もホームページを作るなりして同じようなことしてごらん。
 そうすればそんなこと言えなくなるって。

 別に統計をとったわけではないのだけど、こういう連中って自分ではホームページをアップしてたりせず、痛い奴を上げる掲示板を朝から晩まで見て、そこに書き込まれた痛い奴を罵倒するだけを毎日送ってるだけな奴が多い。
 そう、自分ではなにひとつしないくせに、他人が作ったものには文句をいう。
 実に自分勝手でわがままだということに気づいていない野郎ばっかだ。

 公園にたむろする連中の例をあげたけどさ、本来公園の目的ってなんなの?
 みんなが自由に遊ぶ場所だろ?
 それを「別になにもすることがない。どこにも行くとこがない」暇人が、みんなを脅して楽しんでいるだけじゃないか?
 俺達に逆らうなとばかりに。

 色々な人が存在している。
 そしてそれだからこそ楽しいはずだ。
 しかしそういった自由の場を、まるで自分で守っているかのように錯覚している野郎がいる。

 ネットでの痛い奴は許せない?
 出てゆけだと?

 ネットは世界に配信するみんなの場所だ。その場所を汚す奴は許さない?

 あんたは中途半端革命家か?

 本来のみんなが楽しめる自由の場というのはなんなのだろう?
 色々な人が気兼ねなく、自由に楽しめる場だろ?
 そりゃ自分とは価値観の違う人もいるだろうよ。
 しかしそういった人を掲示板に上げて「こいつ痛い奴だから、みんなでバカにしてやろうぜ」ということを楽しんでいる、自分達が一番痛い奴だと、なぜ気づかないのだろう?

 痛い奴

 それは自分ではなにもしないことを棚に上げ、犠牲者を掲示板で上げてバカにしている連中こそがそうじゃないのか?

 公園は誰のものなのだろう?
 自分たちは偉いんだという自己満足を得る連中のものだろうか?
 それともみんなが自由に遊べる場所なのだろうか?



公園やネットでいばって弱者を排除したい奴って、結局そこでしかいばれないからなんだろうね。自分が一番いらない存在だということに、はやく気づけばいいのに。

2001/04/14
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/14-a1792a85

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。