プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうそう、谷口誠一でしたね。ネオ麦茶の本名は

2ちゃんねるに「西東京バスをジャックする」と書き込んだアホ16歳逮捕!で、ネオ麦茶の本名の情報を募集したら、すぐに「谷口誠一です」と教えていただきました。

いつも情報を送っていただいている○○さんなのですが、ほんといつもありがとうございます!

そうそう、谷口誠一でしたね(リンク先は情報をいただいたページ)。

情報をいただいた○○さんはこんなコメントをされています。

てか、こんな馬鹿・・更正するんかな?
しないと思うけどね。

わたしもそう思います。
なんせこいつ、バスジャックした理由が2ちゃんねるで1000を取れなかったからというくだらなすぎて涙も出ない最悪な思考の野郎ですからね。
こんな奴が今は施設からも出て普通に暮らしているというから恐ろしいことこのうえない。
(いろいろ悩んでいたとか取り調べではほざいてやがったようですが、どうせ弁護士からの入り知恵でしょう)

事件を起こしたときが17だから、現在は26歳。
なんの罪もない女性は殺害され、こいつは26歳の人生をおくっている。
ふざけんな!っていいたいですね。

ちなみにこいつ、ヤフーのプロフィールでは

趣味:
2ちゃんねるのハンドル"ネオむぎ茶"でカキコしてます。興味のある人レスしてくれ。

最近の出来事:
高校つまらん。

と書き込んでおり、おすすめのサイトにも2ちゃんねるとほざいてます。

まったくの2ちゃんねる脳な最低な奴で笑っちゃいますよね。

26になった現在もまだ2ちゃんねるから離れられないのだろうか?
もっと人生は楽しいものなのに、2ちゃんねるに捧げる青春。
かわいそうな奴。

なお、この情報をくれた○○さんのコメントは「公開」に設定されていたのですが、もし万が一少年法(なにが少年法だよ)で、なにかあったときに責任が当方だけでとろうと思っていますので、コメントの公開を控えさせていただきました。
ごめんなさい!
この情報もそうですが、いつも本当に助かっております。
お互いこういう谷口誠一のようなクソバカがくたばり、普通に生きている人が幸せになる世の中になるようがんばりましょうね!
スポンサーサイト

コメント

クズは矯正不能である

未成年のクズガキが凶悪犯罪を起こしても少年法という世紀の悪法の為にろくな処罰もされずに放免されるのが日本の現状でありまして、確かこの野郎もたった5年弱で放免されたはずですが、クズに必要なのは出来もしない更正教育では無く、社会からの排除であり、更正教育よりも処刑するのが正しき処遇であります。

人権屋はどんな凶悪犯罪を起こしたクズガキにも根は善良で更正や反省が可能であるという新興宗教じみた幻想を持っているようですが、そもそも善良で更正できるような殊勝なタマだったら初めから凶悪犯罪なんかしないだろ。

クソガキ犯罪者達が現在どこで住んでいるかの一覧サイトを誰かたちあげてもらえないでしょうか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

育ち方の問題だな。

a

ネオむぎ茶は本当に孤独だったんだろな……。
あれはなにも1000getできなかったからだけじゃないだろ。

そんな下らん理由だったのか…
別のスレで1000getすればいいじゃん

rrdvzbさんへ

まあそうなんですが、こいつの場合は頭が悪すぎてそこまで考えられなかったんでしょうね。
といいますか、こんな理由でバスジャックする野郎ですから常識なんかないんでしょうね。

aさんへ

> ネオむぎ茶は本当に孤独だったんだろな……。
> あれはなにも1000getできなかったからだけじゃないだろ。

それは奴にしかわからないでしょうね。
1000ゲットができなかったからだけではないと思いますが。
なんにしても「まともな」考えでは奴の行動は理解できないでしょうね。

処刑しろ!!

BOOSさんへ

> 処刑しろ!!

ほんと、谷口誠一みたいな気持ち悪い奴は処刑して欲しいですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/132-1842a711

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。