プロフィール

スリープデッド

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性を性の奴隷にしようと殺害した星島貴徳に死刑が求刑

近くに住む女性を拉致し、己の性の奴隷にしようとしたがうまくいかないため殺害。
その死体をばらばらにし、トイレに流したクズ星島貴徳(東京都江東区潮見二丁目 プログラマ・34歳)に検察側は死刑を求刑した。

書いてるだけで胸くそ悪くなる奴だが、検察側は(無事)死刑を求刑。
一人しか殺害されていないので、ひょっとしたらまた無期懲役に逃げるかと思ったが、検察ちゃんと仕事したな。
とりあえず褒めておこう。

それに比べて弁護側は「事件に計画性はない」と主張。
その主張内容だが、
「遺体を切断しなければ死刑求刑はされなかった」(つまり運が悪かった)
「死体損壊は3年以下の懲役に過ぎない」(大したことじゃない)
「被害者も(たった)1人」(少ない少ない)
「だから死刑はおかしい。検察官のパフォーマンスにみんな騙されているが、冷静な判断をしてほしい」(俺はなんて人権を強調する弁護士なんだろう)
と述べられている。

星島貴徳も馬鹿だが、さすがこんな奴につくだけあって弁護側も馬鹿すぎて笑っちまう。
まだこんな能書きが通じると思ってるんだから、エリートの考えることはわからん(笑)。

「ご遺族のかたには死刑でも生ぬるいと思います。わたしを一日も早く死刑にして下さい」
これは星島貴徳が言っている言葉なんだけど、まさか弁護側にこういえば反省していると思われるから言えと言われているからか?
それとも本当の本心なのか?

ま、どっちにしても前者ならエリートの浅知恵で笑っちまうし、後者なら「あっそ」で済まされるぐらいのことだ。
つうわけで、どっちでもいいや。
このキモチワルイ野郎の処分を楽しみに待つとしよう。
もちろん死体は切り刻んでトイレに流すということでお願いね。
スポンサーサイト

コメント

まぁ

弁護士も仕事でやってますからね。
やりたくない弁護もあるんでしょうけど、
ことわらずに可能な限り弁護するのは、ある意味、プロフェッショナルな弁護士というやつで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikendesu.blog84.fc2.com/tb.php/100-b6084fea

-

管理人の承認後に表示されます

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。