プロフィール

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護のテーマを送っていただいたあなたへ

動物愛護・・・・このような活動している方々は「肉・魚」は食べないんですよね?
のテーマを送っていただいたかたへ。
今回の「わたし肉たべまあす」へのご意見も、とてもいい着眼点だと思います。
なるほど、そういう考えもあるんだなあと、思いました。
ただ残念なのはいずれのご意見も、当方のみにしか見れない設定になっていること。
わたしにしか見れないのではせっかくのご意見もあまり意味が無く、誤解される要因にもなると思います。
ということで、お送りいただいたご意見の掲載を行ってもよろしいでしょうか?

わたしは以前も書きましたが、イエスマンばかりの状態は好きではありません。
賛成意見ももちろんですが、ここはおかしいといったご指摘の反対意見も大歓迎です。
もちろん反対意見といっても、「おまえバカ?」といった、いかにも頭の悪いコメントは論外ですが(笑)

せっかくのしっかりしたご意見です。
わたしだけではなく色々な人に見てもらうべきだと思います。
それだけしっかりしているご意見だと、わたしは思いますので。

でわ「掲載してもいいよ」といったコメントをいただけることをお待ちしております。
スポンサーサイト

わたし肉たべまあす

昔サザエさんでこんな話があった。
魚屋さんで今にも包丁で捌かれそうになっているウナギがいた。
で、その現場にちょうどやってきたマスオさんが、ウナギが欲しいというと魚屋さんは「はい、もう少しお待ちください」といい、今手に持っているウナギを包丁で刺そうとするのだが、マスオさんは「いや、その生きているまま欲しいんだ」といい、「え!このままですか!?」と驚く魚屋さんから生きているままのウナギを買って受け取る。
そしてマスオさんはその生きているウナギを手でつかんだまま河に行き、「今度は捕まるなよ」といって河に逃がしてあげる。

さて実はこの間のコラム「美しい涙 汚い涙」のときに、こんな投稿をいただいた。
(まだ自分の意見を言っていてくれているので名前掲載はしません)


動物愛護・・・・このような活動している方々は「肉・魚」は食べないんですよね?もし食べている方がいらっしゃるのであれば、食べられる動物(牛や豚や鶏など)は殺されてもいいのでしょうか?一般的にペットなどで飼われる動物達は殺されてはいけないのでしょうか?日本では「犬や猫」は食べません。しかし、それは狭い日本での話し、例えば中国では「犬も猫も」普通に食べる地域が多く有ります。彼らにとっては「食べる為に殺す」事が常識であり、日本人の牛や豚や魚を殺して食べるのと同じ感覚なんです。これ以降はかなり残酷な表現が出てきます。犬を食す民族(朝鮮族や中国)が犬を食べる場合、美味しい肉として食べるには「思い切り叩いたり傷をつけたり、生殺し状態で、いかに苦しませて死ぬか」かが、美味しくなる殺し方で・・・・でも、これが常識な国・地域があるのも事実です。人間はずるいので、自分の考え方・常識を一番正しいと考え、それを否定するもの、否定する行動には、「おかしい」といって攻撃します。でも、全てではないですが、それが「間違いです」と言われる国も存在するのです。これを読んだ一部の方は、「だから朝鮮族は、或いは、中国人は嫌いだ」といって、話題をすりかえる方たちが居るでしょう。私が言いたいのは、日本の常識は世界では非常識の場合も有る、日本で当然の事が世界では不自然の事も有る。動物実験も過去はそれによって「重要な薬が開発されたり・・」 ゴキブリなどは叩き潰される。蚊も同じ・・・最後に、「動物愛護」すごく聞こえはいいのですが、牛・豚は・・?ゴキブリは?それは「愛護」の対象にはならないのでしょうか・・・?非常に難しい問題です。一方的な考えでなく、双方の立場で考える事が大事と考えますが、いかがでしょうか・・・?面白半分での動物殺し・・と、ゴキブリをゴキブリホイホイで捕まえ、生きたままの状態でゴミとして捨てる、或いは、叩き潰す・・・何が違うのでしょうか? どのような理由で前者は責められ、後者は何も責められないのでしょうか?



まあ今回の限ったことではなく、昔からこういう意見はいっぱいあるから別に珍しいことでもないのだが、ちょうどいい機会だから今回コラムとして執筆して自分の意見を言わせてもらう。
そうだよ。
勝手だよ。
勝手なことだよ。

でもそれがなにか問題でも?
そもそも人間なんて勝手な生物なんだよ。
さんざん殺しといて絶滅しかけたら必死にトキみたいに保護しようとしたり、全滅させた日本オオカミやカワウソ(まあカワウソはまだ全滅の烙印は押されてないけど)を必死に探したり。
勝手なものなのさ、人間なんて。

そして俺自身も最近は違うのだが、少し前まで豚や牛、鶏と一緒に生活する人の気持ちが全然わからなかった。
わからないというより、「勝手だなあと」思っていた。
だって豚・牛・鶏を人間たちは食ってるんだぜ。
その食っている動物をペットにするなんて、なんて勝手なんだろうと。

勝手?
勝手なこと?
これって勝手なこと?

確かに普段殺して肉食ってる生物をかわいがるなんて、自己満足じゃないかとは思わなくもない。
でも牛や豚鶏すべてを殺してもいいっていうのはまた別の問題だろ。
殺される動物と今そのかわいがられて人間と一緒に生活する牛豚鶏くんは生物学的には一緒でも個人として考えたら別なんだから。

話変わって人間ってのはなかなか普段やっていることをやめることができない。
タバコや酒、無駄遣い。
俺はとくに無駄遣いが多いからやめようと思う。
思うのだが、なかなかやめれない。
たぶんこれ、俺以外みんなもそうだと思うが、やめようやめようと思うほどやめれないものなのさ。
だが、完全にやめないまでも減らすことはできる。
毎日10本すってるタバコを9本にしようとか、毎月5万円つかってるけど、今月は49000円しか使わないでおこうとか。

完全にやめることはできないが、減らす努力はできる。
たとえそれがわずかで少なく、あまり意味がない努力だとしても。
無駄を少しでも減らそうとするのが人間だ。

確かに俺は牛や豚、鶏の肉を食って生きている。
それはすっげえ嫌で、もし人間を生み出した神という存在にあったとしたら、「てめえ人間を肉食にしてんじゃねえよ!」と延々文句いってやろうと思ってるよ。
しかし人間、肉食獣に生まれた以上しかたがないことだ。
もうどうしようもないのさ。

だからなおさらもし助かる命がある、助けることができるのなら助けてもいいって考えるんじゃないか。
少しでも命の無駄をなくしたい。
そう思うことはそんなにいけないことなのだろうか?

松原潤をはじめとする弱いものにしか強く出られないクソ連中。
こいつらがしたことはさんざん苦しませて殺害し、それをネットで笑いものにしたんだぜ。
こんなことする必要があったか?

ぜんぜんねえだろうが!

確かに動物を殺した肉食ってるくせに、こいつ勝手だと思う考えがわからないでもない。
だが、だからといって動物虐殺野郎を援護する気にはならない。
それを勝手だの、きれい事だというのならいえばいい。
別に俺は勝手な奴で結構なんでな。

殺される命があるのなら、助けれる命だってある。
そうじゃないのか?

なにがあろうと俺はこれからも殺さなくてもいい命を簡単に奪う奴、苦しめる奴は一生憎み続けるし、機会があれば被害にあった動物たちと同じ目にあわせてやる!
そう思って生き続けてやるよ。

冒頭のマスオさんの行いも確かに小さいことだろう。
だけど助けられたうなぎにとっては小さいことではない。
とても大きいことだ。

俺も小さくてもいいから大きいことをこれからも続けていこうと思っている。

命の無駄を少しでも減らすために。

死刑反対唱えて寝ぼける暇があるなら仕事しろよ亀井静香

亀井静香がまたまた法務大臣に「死刑囚の死刑はしちゃだめよ」と言いに言ったらしい。
こいつ、法務大臣が変わるたびに毎回同じことするよな。
毎回毎回おなじことばっかで、よくまあ飽きない野郎だ。

あのさ、死刑でさえ甘いと言われている時代にだ。
で、その死刑を言い渡され刑が確定されているのに、待ってくれって。
なんのための法律だこの馬鹿。
おまえ政治家なんだろ。
政治をするのが仕事だろ。
その理屈でいけば法律なんかくそくらえ!
ってことなのか?

そもそもこの死刑囚たちの生活が、なんと俺たちの血税からでてるんだぜ。
で、その血税を使ってこのバカ亀井静香は死刑廃止運動をしているんだぜ。

どこまで血税をムダ遣いしてやがるんだこいつは。

だいたいなんでこの馬鹿がいまだに政治家で、しかも金融をまかされているのかさっぱりわからん。
あ、血税を目にしてもなんとも思わないムダ遣い野郎だからか。
まったく、こいつが生きていることが一番のムダ遣いだな。

一生懸命働いても実らず、苦しい生活をしている人たちが大勢いるなかで、死刑が決まっても税金で生かしてもらっているってふざけるにもほどがある。
そんなに死刑囚の死刑をやめたけりゃおまえが面倒みろよ!馬鹿亀井静香

こんなおめでたい野郎が政治家やってる国だもんな。
そりゃ崩壊目前もやむなしか。

こんな馬鹿がでかい面下げて高給をとってることについて、せっかく死刑が決まって遺族の人や被害者の人が新しい一歩を踏み出そうとしているのに嫌な思いをさせられることをこいつはどう思ってるんだろう。

一番のムダ遣い、亀井静香がさっさとくたばりますように。
で、もし誰かに殺されたらその犯人を俺たちは法務大臣に

死刑にしないでください!

と言ってやるよ。
これこそ亀井静香先生にとって一番の夢だろうからさ(笑)

とにかく馬鹿亀井静香よ、死刑廃止なぞくだらないことで血税のムダ遣いする暇があったら仕事しろ!
これ以上おれたちの血税を無駄にするな、金融大臣さまよお

仔猫様に電話こわされました(涙)

ほんとうにご無沙汰ですいません!
さすが年末らしく、わたしも人並みに忙しい毎日を送っております。
貧乏暇なしって誰が考えたんでしょうね?

考えた人にあったらこういいたいですね

あってるけどむかつく

さて、実はこの間我が家の猫様のおひとり、一番小さい子がわたしの机の上のコップにすりすりしたがためにコップが地面に落下。
中に入っていたホットミルクがみごと電話に。
おかげで電話は、始終ベルが鳴るという、実にうるさい症状が発生してお亡くなりになりました(涙)。

携帯あるからいいけど、もうなんてことするんだこの子は!

というわけで毎日平和(笑)な日々をおくっています。

だから返事がないからってうんこ団(旧名暴走族)の野郎や、肉食うくせに猫の虐殺で文句いうなこの野郎とわたしに言ってきた、返事が欲しくてたまらないさみしい思いをさせてしまっているそこのあなた。
もう少し返事待っててね。

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。