プロフィール

Author:スリープデッド
弱いものを叩く力より
弱いものをまもる勇気

大嫌いなもの:きれいごと

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

いつまでタレント気分なの?加護亜依

未成年で喫煙&男と宿泊旅行のため事務所を解雇、人気下落(当たり前だ)の加護亜依が、「LIVE~未成年白書~」という本を出版するため記者会見を行ったようだ。
で、そのときに「言っていないことを書かれた。その出版社を訴えるかも?」と。
ま、確かにどんな状態でも言っていないことを言われるとむかつくわな。
真実を曲げられることほどむかつくことはないもんな。
それはよ~くわかる。

でも、それより彼女はいつまでタレント気分なのだろうか?
というか、まだファンが付いてきていると本気で思っているのだろうか?

悪いけどもし俺が彼女のファンならもうこんな醜態をさらすようなことをして欲しくないし、それ以上にもうどうでもいいと思っちまうだろうな。

そもそも原因は自分自身にあるわけだ。
そこまでしてタレントでいたいのなら人気商売である以上、ファンを馬鹿にするようなことはしちゃダメだろ。

ま、以前あるタレントもいってたけど、芸能人は三年やったらやめれないって言ってたからな。
きゃーきゃー言われて、どこに行ってもちやほやされたらそりゃ他のことできんわな。
まったく、馬鹿なことしたもんだね>加護亜依
そりゃ相方の辻ちゃんも疲れて春野ムサシと一緒になるわけだ。

加護ちゃんだけでなく、最近もAKB48の菊地彩香が男がいることを暴露されたけど、そのときに周りが取った行動が「オタはキモチワルイ」とか「年ごろの子が彼氏いるのは当然」という態度をとったのけど、俺にいわせりゃ甘えてるのはそっちだろと言いたいね。
そもそも「オタはキモチワルイ」って、そのオタのおかげで生きているのはどこの誰だよ。
オタは確かにキモチワルイかもしれないよ。
だけどそのオタに生かせてもらってるのはオタ以上にキモチワルイだろうが。
彼氏の件も、別にいてもそりゃいいよ。
恋愛は自由なんだから。
だけど、あんた人気商売だろ。
彼氏いないことを売りにしている以上、それはまずいことぐらいわかれよ。

俺もさすがに十代の若い頃は人並みにアイドルタレントに夢中になったときもあるよ。
今ではその方面はさっぱりで、むしろ渋い中年のおっさん俳優に憧れるようになるとは夢にも思わなかったけど、もし俺が十代で加護亜依や菊地彩香のファンだったとしたらかなりショックだったと思うぜ。

そしてなにを隠そう、実はタレントを目指そうと思ったこともあったりする。
でもやめた。
だって恋愛すら自由にできないし、プライベートはだだ漏れ。
そこまでの根性はないからやめちゃったんだよ。

人はなにをやるのも自由だ。
しかしファンがいて、その自分の自由の部分を売りにした以上それは犠牲にしなくてはいけない。
そしてその犠牲にできる根性がなかればタレントなんかなっちゃいけない。
なぜなら悲しむのはなによりファンなのだから。
根性がないのなら最初からタレントなんかやめるべきだ。

根性もないのに人気だけもらおうなんて、図々しいにもほどがある

モーニング娘。の看板番組だったハロモニも終了が決定。
加護亜依だけの責任じゃないけど、そりゃファンも離れるよ。
ファンを裏切ることばかりされてるんだもん。
やってられんだろうな。

本当に一番うったえたいのはファンだろう。
「俺たちを馬鹿にするな!」って。

しかしこれも、若い奴を叱ることも出来ない大人が悪いのかもしれないな。
未成年の加護亜依が喫煙してても注意できないなんて情けなさすぎだ。

そういう意味ではまだ加護亜依にしても、菊地彩香にしても見捨てることができたファンのほうが全然おとなだと思うぜ。
だって無言で叱ることができたんだから。
叱ることが出来なかった彼女たちの周りの大人より、ファンのほうが全然おとなだった。

一番悪いのは自分自身だというのはもちろんだけど、情けない大人しかいなかったことも、彼女たちの不幸な部分だったのかもしれないね。
スポンサーサイト

「馬鹿ですね?」「生きていても仕方ないですね?」「だからさっさと死にましょうね」

まったく仕事の追い込み中で全神経を集中していたらこんなふざけたニュースが舞い込んできやがって、まったくむかつくぜ。

知的障害者を狙い暴行や恐喝を繰り返していた東京都青梅市に生息してやがる14~16のクズ野郎9個を逮捕
こいつら20や15歳の知的障害者の男性を狙い、因縁をつけて暴行。
その様子を面白おかしく実況中継。
「痛いですか?」と被害者に木の棒をマイクにみたててインタビュー。
しかも被害を訴えないようにするため弱いパンチをわざと受け、「これでおまえも俺たちと同じ同罪だ」とほざき、脅し取った金は遊びに使ってやがった。
逮捕されて発言した言葉がすごい。

「自分より弱い相手を選んだ」

そして

「障害者をいじめてなにが悪い!」

と逆ギレで語った。

弱者相手に9個でかからないと勝てない
自分より弱い相手しか勝てない

たった一人に9個。
情けなさすぎて笑っちまうよ。

・・・ま、面倒だし多くを語らないでおくけどさ、

さっさと死ねよクズども。
おまえらなんか誰も必要としてないから、心配せずに安心して死んでいいよ。

「クズを廃棄処分してなにが悪い!」

平和

実はコラム執筆しているのだけど、どうしても力が入って時間がかかりそうなので簡単で申し訳ないのですが少しだけ書き記しておきます。

1945年8月06日午前8時15分
広島に原子爆弾、原爆が投下された日


あれから63年
もう63年
まだ63年

我々が平和で今も生きていられるのも、広島で原爆による被害を受け亡くなられた数十万人の方々の犠牲があったからと8月6日になるたびに思います。

人間は過去だけを見て生きてはいけない。
しかし、過去の過ちを繰り返す未来を作ってはいけない。

原爆の被害に遭われた尊い犠牲者の命を無駄にするような世の中。
そんな世の中にならないよう、未来を生きる我々は努力しなくてはいけない。

小さい奴だけど、改めてそう思う8月6日でした。

 BLOG TOP